お知らせ
【カテゴリー】地域の人物・お店紹介

第3回目は、防府市鈴屋にある「ほいくえん でゅえっと」さんのご紹介です。
住宅街にあるとても可愛らしい建物がでゅえっとさんです。

DSC02551    DSC02553

三宅洋史さんが代表保育士をされています。とても笑顔が素敵ですね。

DSC02549

それでは早速でゅえっとさんのご紹介をしていきたいと思います。
先ずは室内を見せて頂きました。

DSC02473 DSC02474

広々とした開放的な室内です。
なんといっても椅子が・・・机が・・・どれも小さくて可愛らしいです!!

ここでは園児さんが朝の会や、活動やお喋りをしたりする室内です。
お昼ごはんやおやつもここでみんなと仲良く食べています。

DSC02468  DSC02467

そしてもう一つお部屋を発見!
大きなブロックや積み木、絵本にぬいぐるみ、たくさんのおもちゃ!!
園児さんにとっては〝宝物の部屋〟でしょうね。
夢がいっぱい詰まっています!
そしていろんな絵や作品も飾ってありました。どれも個性的で力作ばかりでしたよ。

整理整頓もしっかりしてありますね(*^^)v

DSC02471

ここはベビールームです。
小さいベッドやベビーチェアーがありました。
でゅえっとさんでは、0歳児からの保育利用が可能です。
やっぱり可愛いですね!

そして・・・そして・・・

DSC02464  DSC02465

おトイレです(^^♪
園児さんのサイズです。私たちが小さかった頃はおトイレの時はこの高さだったんですね!!
トイレトレーニングも行っていますよ。

そして洗面台もこの高さです。
園児さんには丁度いい高さになっています(^^♪

では次に外の様子を見てみましょう。

DSC02485  DSC02486

先ず目を惹くのがこの大きな木!
でも園児さんにっとってはただの木ではないんです!

木登りをしたり、かくれんぼをしたり・・・
大切な場所。自然の場所なんです!
この大きな木も園児さん達の成長を見守っているのでしょうね(*^_^*)

DSC02482  DSC02484

広い砂場を見つけました!
砂場で使うバケツやスコップ、おもちゃがたくさんありますね。
山を作ったり・・・トンネルを掘ったり・・・スコップで砂をバケツに詰めてひっくり返して大きなプリンを作ったり・・・想像力がたくさん詰まった遊び場ですね。

そうそう、私たちが子供の頃は砂団子作っていませんでしたか?
もちろん今でも砂団子作りはナンバー1だそうです!(^^)!

ここでも整理整頓(=^・^=)

DSC02479  DSC02478

三輪車や車、2輪の押し車、たくさんありました。
赤の車には砂がたくさん!!
「僕が入れるー」「私も入れるー」「いっぱい入れよー」
園児さん達の賑やかな声が聞こえてきそうですね(^^♪

外では自由に、そしてお友達と仲良く遊んでるようです。

DSC02481

これは何だろう?
園児さんが葉っぱをたくさん入れていました。

実はこの中でクサガメが冬眠しています(p_-)
名前は「さくらちゃん」
でゅえっとに来て2年目の春を迎えます。

園児さんも冬眠から目覚めるのを心待ちにしています(*^_^*)
さくらちゃんも夢の中で園児さんと遊んでいるかも知れませんね(^^♪

DSC02475  DSC02476

木製のブランコや鉄棒もありました。
「どこまで高くこげるかなぁ?」「逆上がりはできるかなぁ?」「次は私ー!」

賑やかな元気いっぱいの声が聞こえてきそうです!(^^)!

DSC02480  DSC02477

大きなシーソーもありました。小さい園児さん・・・何人乗れるだろう??
木にかかった木製の階段も発見!

トムソーヤの冒険が出来そうですね(^_-)-☆

外でも中でも園児さんの賑やかな声が聞こえてきそうです。
園児さんにとっての大切な遊び場!
いろんな年齢のいる中で、お互いに思いやる心や冒険心、礼儀など様々なことを学んでいくんでしょうね(*^^)v

Smileそれでは、代表保育士の三宅さんに、でゅえっとについてインタビューしてみましょうSmile
原田  「でゅえっとさんの特徴、コンセプトはなんですか?」
三宅さん「自然での遊びを柱にして生活を創る・生活を遊ぶ。このことを一番な柱としています」
    「鈴屋は自然豊かな所です。川や山、竹藪で遊んだり、秘密基地をみんなで作ったりしています」
    「三谷森林公園のきずなの森に出かけたり、季節を楽しんだり・・・主人公は子供たちですね」
    「遊びを通して成長していきます」
    「それから見せるだけの保育ではなく見てもらう保育を大切にしています。親御さんも一緒に参加して、楽しみながら生活を創る保育を心掛けています」

原田  「園児さんとの関わりについて教えて下さい」
三宅さん「子供たちはいろんな年齢の子達と関わることで、たくさんの経験をしていきます」
    「そして一人一人個性も性格も成長も違います。私たち保育士は一人一人を大切に見守りながら、その子供の発達に合ったお手伝いをさせて頂いております」
    「他の保育士さんも私に持っていない面を存分に出して、子供たちに明るく楽しくのびのびと成長して欲しいといった想いを持って、関わらせて頂いております」
    「子供たちが自分で物事を決めて生活していけるように保育士さんも見守りをさせて頂いております」

*保育の柱「生活を創る」「生活を遊ぶ」
三宅さんの園児さんたちへの熱く優しい想いを聞かせて頂くことができました。
ありがとうございます。

Winkところで三宅さんは一体どんな人??Wink
原田  「ところで話は変わりますが、ご趣味などお聞かせ下さい」
三宅さん「私は野山や川といった自然が大好きです。趣味としては山に登って野鳥や草花を観察することが好きですね。もちろん野鳥を観察するのに望遠鏡も持っていますよ」
原田  「素敵な趣味ですね!」
三宅さん「徳地にふれあいパーク大原湖があります。そこで〝森林セラピスト森の案内人〟をされている方がいらっしゃいます。野鳥や草花のことをとてもよくご存知です。そしてその方の人柄が好きですね。ゆったりとして自然に溶け込んでいて、何とも温かい人柄。私もこんな人を目指しています」
原田  「そうなんですね。その方に会ってみたくなりました」
三宅さん「また、近所を散歩していて、知らない野草や野鳥がいたら図鑑で調べて子供たちにも見てもらっています。あの子供たちのワクワクした感じを見て、私も代表保育士としてやってきてよかったと感じます」

*野山の自然、野鳥や野草の観察。そして子供たちと一緒にドキドキ・ワクワクされている様子が伝わってきまし
た。

〝生涯保育士〟として園児さんたちとその親御さんが一緒に生活を創り、遊ぶ。また、季節感や食べる事、物を大切に扱う事を保育の視点としています。たくさんのお話を聞かせて頂いて、とても素敵だと思いました。今日はありがとうございました。

I Surrender!~ほいくえんでゅえっと のお問い合わせ先~Embarrassed

代表保育士 三宅洋史さん
住所    防府市鈴屋1275-1
電話    0835-36-1361

DSC02554